美容液の正しい使い方

MENU

美容液の正しい使い方

お肌のスペシャルケアとして「美容液」を使っているという女性は多いでしょう。

 

しかし、美容液の正しい使い方、知っていますか?

 

せっかくですから、美容液の正しい使い方を理解しておきましょう。

 

美容液は、基本的には化粧水の後、乳液の前に使用します。

 

しかし商品によっては洗顔後に真っ先につける先行美容液もありますし、お手入れの最後に使うものもあるかも知れません。

 

商品の説明をよく読み、まずどのステップで塗るのかを理解しておく必要があります。

 

そして「適量を顔全体に」塗りましょう。

 

美容液は高価なものも多いですし、もったいないと感じて少量しかつけない方がいらっしゃいますが、これでは効果が得られないどころかお肌に摩擦が起こって逆効果になってしまう事すらあります。

 

せっかくの効果をしっかりと得るためにも、決められた容量は必ず守るようにして下さいね!

 

また、目元だけ、口元だけなど気になる部分だけにちょこっとしか塗らないという方もいらっしゃるかもしれませんが、本来はしっかり顔全体に塗るのが基本です。

 

(目元、口元だけに塗ると明記されている商品の場合は、それに従ってください。)

 

美容液の使い方の具体的な手順を見ていきましょう。
1まず決められた量を手に取り、手のひらで美容液を温めます。

 

2指の腹を使い、顔全体にやさしくマッサージをする要領で塗っていきましょう。
すみずみまで、ムラなく塗ります。

 

3やさしくハンドプレスをし、美容液をお肌になじませます。

 

顔全体に塗ると言いましたが、全体に均等に塗るというよりは、乾燥しやすい場所、べたつきやすい場所でつけ方を変えましょう。

 

皮脂の多いTゾーンには少なめに塗り、乾燥しやすく皮膚の薄い目元、口元にはたっぷり塗ります。
塗ったあとまだ乾燥していると感じるならば、その部分に重ね付けをしてみてください。

 

お肌がベタつきがちな夏には化粧水に混ぜて使う程度にしてみたり、乾燥する冬にはたっぷり使用してみたりと、季節やお肌の調子を見て塗り方を変えることも重要になってきます。

 

ここで、さらに効果をアップさせるためのワンポイントアドバイス!
美容液を使う前に、蒸しタオルなどでお肌を温めてから使うと効果がアップしますよ。

 

注意事項として、お肌の調子が悪い時には美容液はお休みしましょう。

 

えっ、お肌の調子が良くないからこそ美容液を使うんじゃないの?

 

と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、お肌が荒れているときちんとした美容液の効果が得られなかったり刺激になってしまったりすることもあります。

 

そのほか、注意してほしいのが美容液の使用期限です。

 

もったいないからとちびちび使っていて、何年も使い続けている美容液はありませんか?

 

美容液は直射日光を避けて保存をし、一度開封したら半年程度で使い切るのが望ましいようです。
未開封でも、2〜3年程度が使用期限と言われています。

 

中にはもっと使用期限の短いものもありますし、商品によって使用期限が明記されているものもあるでしょう。

 

しっかり確認をした上で使用したいですね。

 

美容液の正しい使い方をマスターして、より良い効果を得られるようにしましょう!

 

[トップページへ戻る]