美容液 乳液 違い

MENU

美容液と乳液の違い

美容液と乳液の違い

普段のお手入れで何となく、化粧水、美容液、乳液、クリーム・・・と使っていたけれど、実は明確な違いがあまり良く分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

そもそも、全部塗る必要があるのかどうかという疑問も湧いてきますよね。

 

化粧水+乳液、化粧水+美容液どちらでも効果が同じなのか、違うのか。

 

こちらでは美容液と乳液の違いについて見ていくことにしましょう。

 

先ほどもお話した通り、美容液は肌悩みに合わせてスペシャルケアが行える化粧品でしたよね。
特に乾燥を補う目的の場合には、保湿成分が高濃度で配合されていることが多いです。

 

では乳液はというと、油分を含んだスキンケア用品となります。

 

化粧水で水分を補っても、化粧水自体にうるおいをキープする力が無いため、時間が経つにつれてすべて蒸発していってしまいます。

 

それを防いでくれるのが、油分を含む乳液の役割なのです。

 

化粧水で水分を補ったあとに乳液で油分を補うというのが、スキンケアの基本的な考え方になります。

 

じゃあ、化粧水の後は乳液か美容液、どちらかを付ければ大丈夫なの?という疑問が湧いてきますよね。

 

商品にもよるのですが、基本的には化粧水と美容液で保湿をした後、油分である乳液を付けるというのが望ましいでしょう。

美容液には化粧水よりも有効成分や保湿成分がたくさん含まれていますが、油分によってそれをキープしてくれるというわけではありません。

 

ですから、そのあとに乳液で油分を与えてフタをするのが望ましいのです。

 

しかし、美容液の商品説明に乳液やクリームなどを付ける必要が無いと書かれていたら、それに従いましょう。

 

商品によって使い方が異なりますので、どのような成分が入っていてどのようなステップで使ったらよいのかは、しっかりとメーカーのホームページや商品パッケージなどで確認する必要があります。

 

これらを簡単にまとめると

・美容液は、お肌にスペシャルな保湿成分や美白有効成分などを与えてくれるもの
・乳液は、油分によって水分の蒸発を防いでくれるもの(中には、保湿成分もふんだんに含まれている乳液もあります)


というイメージになるでしょう。

 

これらのことから、美容液と乳液の基本的な役割は違うんだということがお分かり頂けたのではないでしょうか。

 

ちなみに、もう一つスキンケアによく使われる「クリーム」に関してですが、これは乳液と同じ役割を果たすものです。

 

乳液とクリームの違いは油分や水分の含まれているバランスの違いとなります。
より油分が多くこってりしたものがクリームですね。

 

クリームと乳液、どっちも付けなければいけないのかというのも悩ましいところだと思うのですが、これに関してはどちらか一方でも大丈夫ですし、季節やお肌の状態によっては両方使ってもかまいません。

 

つまり、化粧水と美容液をつけたあとに乳液を付けてもいいですし、化粧水と美容液をつけたあとにクリームを付けても大丈夫ということになります。

 

お肌の状態や好みなどに合わせて使い分けてくださいね!

 

TOPに戻る

 

化粧水の正しい使い方

化粧水の正しい使い方
化粧水の正しい使用法をみなさん、ご存知でしょうか?
実は効果があまりない使い方をしている方もいらっしゃるんです。

 

あなたは化粧水をつける際、コットン・手どちらで付けていますか?

 

化粧水がより肌に浸透してくれるのはなんです。

 

また手で化粧水をつけることで、自身の肌の状態を把握することが出来ます。

 

化粧水の付け方としては、

洗顔して顔を清潔にする

顔の水分をタオルで軽く拭き取る

化粧水を少量手に取る
(この時、一回で顔全体に馴染ませようとしなくても良い)

両手で化粧水を挟み、手の温度で化粧水を温める
(温めることで、より肌に浸透しやすくなる)

パンパン叩かず、肌に化粧水を押し込むイメージで手で優しく肌を包み込む

これを数回繰り返す


この時、こすったり強めに肌を刺激するのは、肌を傷つけることになってしまうのでやめましょう!
肌に刺激を与えすぎると、かえって肌のたるみやシワの原因になってしまうので要注意です。

 

化粧水をバシャバシャと使うのもNG!

 

化粧水が溢れるくらい使っても、肌に浸透する量は限られているので適量つけることを心がけましょう。

 

TOPに戻る